オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

コラム一覧 |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

コラム一覧 |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

クレンジングゲルの気になるあらゆる情報をコラムにしてまとめました。クレンジング化粧品としてその存在が大きくなってきたクレンジングゲル。興味はあるけど他のタイプのクレンジングを使っている人も、どんなクレンジングゲルを購入しようか迷っている人も、ぜひ参考にしてください!

クレンジングしたいのにクレンジングゲルがない!クレンジングゲル代用になるものとは?

  • 2018.03.28

    メイク落としは、毎日の習慣のようにおこなうスキンケアです。当然、クレンジングゲルの減りも早くなって、うっかりすると替えの分を用意しておくのを忘れてしまうときもあるかもしれません。あるいは、旅行先に愛用のクレンジングゲルを忘れてしまった、急なお泊まりでクレンジングゲルを用意できないというときもあるでしょう。そんなときでも、朝までメイク落としをせずに寝てしまう選択は避けたいところです。一時的な代用品として使えるものがありますから、紹介しましょう。

    メイク落としは、油性のメイク汚れを肌から浮かび上がらせて落とすのが目的です。油汚れを落とすには油を使うのが効果的なことから、オイルを含んでいるアイテムならクレンジングゲルの代用になります。例えば、クレンジングゲルはなくても乳液やクリームは手に入る、持っているという場合、それらを使ってメイクオフすることが可能です。含有された油がメイクとなじんで、肌への刺激を抑えながらメイクを落とせます。ただし、高い洗浄力は期待できないため、濃いメイクのときには完全に落とすのが難しいかもしれません。

    同じく油性の成分として、ベビーオイルや美容オイルも利用できます。ベビーオイルは低刺激なことから、日頃からスキンケアに使っている方もいるようです。保湿効果も得られますから、たまのメイク落とし程度であれば代用に役立てて問題ないでしょう。美容オイルの場合は、種類によっては様々な美容効果にも期待できます。スクワランオイルなどは人の皮脂と似た成分で構成されていることから、肌に優しくクレンジング可能です。抗酸化作用や保湿作用の高い、椿油、ホホバオイルなども代用になります。

    オイル系のアイテムでクレンジングをするときは、水と油をなじませるための界面活性剤が含まれていませんから洗い流すのが困難です。そのため、肌に塗って軽くマッサージしたら、浮き上がったメイク汚れをコットンやティッシュなどで優しく拭き取るようにしてください。すぐに水やお湯ですすごうとすると、油膜が肌に残ってしまいます。べたついて気持ちが悪いため、熱いお湯を使ったり石けんでゴシゴシこすったりしてしまいかねませんので気を付けてください。

    また、顔に乗せる前に、手にとって体温で温めてから顔に乗せると、なじみやすくなります。こうして肌なじみをよくすることで、肌への摩擦刺激を軽減することができます。メイク落としをした後の保湿ケアも、十分におこなうようにしてください。

    続きを見る

アトピー肌の人は気を付けたいクレンジングゲルの選び方

  • 2018.03.23

    アトピー肌の人にとっては、クレンジング剤を選ぶにも迷いが多いでしょう。刺激があるかもしれない、他の人は使えても自分の肌には合わないかもしれないと、何かと不安に陥りがちです。アトピー肌の人にも安全・安心といわれる成分でも、本当に良いかどうかには個人差があります。そこで、まずはアトピー肌の人が避けておきたい刺激成分について知っておきましょう。

    代表的な刺激成分には、グレコールやエタノールなどのアルコール類があります。肌がヒリヒリとする原因の多くはアルコール類で、皮膚や粘膜に刺激が生じるのです。グレコールやエタノール以外にも、アルコール成分には種類があります。気になったクレンジングゲルの配合成分を見ても、どの成分がアルコールなのかがわかりにくいかもしれません。そのようなときは、アルコールが不使用と明記されているクレンジングゲルを選べば安心です。

    美白成分にも、注意が必要です。例えば、強力な美白効果を持つハイドロキノンには、メラニンの発生を抑えてシミを防ぐ効果が期待できます。その一方で、敏感な肌質にはトラブルにつながりかねないほどの強い刺激もあるのです。炎症を起こしたり、健康な肌の人でも白斑が起きたりしてしまうなどのトラブルも発生しています。配合成分の量が少なければ比較的安全なのでは、と思う方もいるかもしれません。
    一般的に、化粧品の成分表示は配合量の多い順番で並んでいます。ところが、医薬部外品の場合は有効成分とその他の成分に分かれて記載されており、配合量順ではない点に混乱させられます。厚生労働省に特定の効果表示が認められている医薬部外品ですが、それだけ刺激が強い可能性もありますから気を付けておきましょう。

    アトピー肌の人は、肌のバリア機能が著しく低下しています。そのため、ピーリング成分が配合されたクレンジングゲルも強い刺激になってしまいます。皮をむくという意味を持つピーリングは、文字通り人の角質層を人工的にはがしてしまう成分です。

    続きを見る

ズボラさん必見!面倒なメイク落としはクレンジングゲルで瞬時に落とす!

  • 2018.03.14

    メイクは顔の印象を美しく見せてくれるだけでなく、ファッションとマッチさせることによって全身を洗練された状態に見せることもできます。コンプレックスがある人は、メイクによってカバーできることもあるでしょう。しかし、そのようなメリットがある一方で、メイクは肌の汚れとなってしまう要素でもあります。どんなに肌に低刺激のメイク用品を使っていても、肌には負担になってしまいます。体についた汚れを落とさないまま過ごせば、アカがたまって悪臭を発するように、顔についたメイク汚れも落とさないでいると肌の健康を阻害しかねません。

    メイクを落とさずに寝てしまうことを1ヶ月続けると、肌は10歳老け込むといいます。これはことわざなどではなく、実際の実験によって得られた結果です。メイクを落とさずに寝ることを1ヶ月続けた結果、ニキビや炎症など様々なトラブルが一気に噴き出したといいます。肌は、一度健康を害してしまうと、復活させるまでに大変な苦労や期間を要します。日常的にメイクをするようになる成人以上の年代では、肌の復活力も低下してくるものです。そのような状況にあってメイクを落とさないまま寝るというのは、肌をいじめているのと同様です。

    メイクをしているときには、短時間でも肌の乾燥を感じませんか?最近では、保湿効果のあるメイク用品も出ていますが、それでも睡眠というまとまった時間にはメイクによる肌乾燥を避けることができません。肌が本来持っている機能として、乾燥を察知すると皮脂を分泌させようとする力があります。乾燥を感じた肌が皮脂を過剰に分泌させれば、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなるのも当然です。

    アイメイク用品や口紅には、色づけのために色素が配合されています。長時間つけっぱなしにしておくことで、色素沈着して黒ずみになってしまう恐れがあります。本来は専用のリムーバーを使う必要があるほど強力な化粧品アイテムですから、ファンデーション以上にトラブルになりかねません。目元や唇の皮膚は薄くできているため、一度色素沈着してしまうと改善するのが困難です。メイクを落としたらスッキリつやのある素顔になれるはずが、どんよりした顔色になってしまうのは、色素沈着が原因の可能性があります。

    メイクをしているときは、毛穴をふさいでいる状態です。メイクをしている間にも汗や皮脂は分泌されますが、その脱出口がふさがっていれば毛穴が詰まってしまいます。それがニキビやくすみにつながり、ターンオーバーを乱してシミやしわまで発生することがあります。毛穴汚れを落としてキュッと引き締めることが、キメの整った美しい肌へと導いてくれます。

    続きを見る

目元の色素沈着の原因とクレンジングゲルによるケア法

  • 2018.03.07

    目元は、非常にデリケートな皮膚に囲まれています。皮膚の薄さも格別なため、目の下に色素が沈着してしまうと、茶色いクマとなって顔色が悪いような印象を与えてしまうのです。同じクマでも、血行不良によって起こる青いクマとは別問題です。茶色いクマは、いってみればシミのようなものなのです。ターンオーバーを乱したままに、肌の状態を悪化させる一方になる恐れもあります。では、目の下の色素沈着は何が原因で起こるのでしょうか。考えられる原因をいくつか紹介します。

    ・メイクの洗い残しやメイクかぶれ
    アイメイクとして付けたマスカラやアイシャドーなどが落としきれていないと、色素沈着が起こります。化粧品が肌に合っていない場合にも、肌がかぶれて色素沈着が起こる恐れがあります。かぶれた部分の肌がくすんできて、茶色いクマにつながるのです。肌に合った化粧品を使うこと、肌に刺激が少ないものを選ぶのも改善の第一歩です。

    ・乾燥肌による色素沈着
    目の周囲は、乾燥しやすい部位でもあります。寒さが厳しい冬だけでなく、エアコンなどで肌が乾燥してくることもあるでしょう。花粉やホコリなどによって、肌が刺激を受けて乾燥することも考えられます。肌を乾燥させたまま放っておくと起こり得るのが、血行の悪さによる色素沈着です。乾燥した肌に紫外線刺激が加わると、色素沈着はますます悪化してしまいます。

    ・過剰なスキンケア
    クレンジングなど、メイク落としをするときに力をこめてゴシゴシこすってしまうことがあります。これは、肌にとっては強烈な刺激です。メイク落としをするときには優しく指でくるくるとマッサージするようにおこなうのが正しく、軽い力で落とせないようなクレンジング剤も見直したほうが良いでしょう。また、マスカラなどのアイメイクは、アイメイクを落とせるクレンジング剤を使って落とすことも大切です。

    続きを見る

ターンオーバーを正常化するにはクレンジングゲルが必須!

  • 2018.02.20

    人の肌は、一定の周期で新しく生まれ変わっています。いわば、肌の新陳代謝で、これをターンオーバーと呼んでいます。ターンオーバーの周期は30日前後とされ、加齢や肌状態によっても違いが出てきます。新しい細胞が生まれて表面に押し上げられるまでが約28日、古い角質が自然に剥がれ落ちるのに14日ほどかかり、正常なターンオーバーが完了するのは約42日と考えておけばよいでしょう。

    ターンオーバーは、何らかの問題によって乱れることがあります。一度ターンオーバーが乱れてしまうと、正常に戻すのに時間がかかりやすく、その間は肌トラブルが肌トラブルを呼ぶような悪循環におちいる恐れがあります。ターンオーバーを正常にキープすることこそ、美肌でい続ける秘訣です。

    ターンオーバーが乱れてしまう原因には、加齢の他に生活習慣の乱れも大きく関係します。例えば、寝不足やストレス、疲労、喫煙、過度なアルコール摂取、無理なダイエット、糖分や脂肪分の摂りすぎ、冷え、便秘など、様々な生活習慣の問題がターンオーバーの乱れと肌トラブルにつながりますから注意してください。紫外線や寒暖差、間違ったスキンケアなど、外的刺激もターンオーバーを乱してしまう原因となり得ます。肌のためによかれと思ってしたスキンケア方法がターンオーバーを崩してしまうこともありますから、なかなか改善しない肌トラブルに悩んでいる方はスキンケアの方法を見直してみることも大切です。

    続きを見る

クレンジングゲルにはシミや美白効果はあるの?

  • 2018.02.15

    鏡を見たときに、今日は何だか顔色がさえないと感じたことがありませんか?病気ではない限り、顔色がさえない原因は肌のくすみである可能性が高いです。肌がくすんでくると、透明感が薄れて肌色がワントーン暗くなってきます。乾燥して、カサカサと粉をふいているようなこともあるかもしれません。肌のくすみの原因は、加齢や紫外線、落とし切れなかったメイク汚れの蓄積などいくつも考えられます。こうしたことから、ターンオーバーが乱れてしまっているのが最大の問題です。

    肌は表皮・真皮・皮下組織という構造になっており、30日前後の周期で細胞を生まれ変わらせています。これがターンオーバーと呼ばれる働きで、周期は年齢や肌状態によっても差が出てきます。肌の一番外側にある表皮は日を追うごとに押し上げられて角質となり、古くなると剥がれ落ちるのが自然な流れです。ところが何らかの問題により古い角質が剥がれ落ちなくなると、それがくすみの原因となってしまいます。古い角質が邪魔して、新しい角質も上がってきにくくなるため、肌にとっては悪循環です。

    くすみには、メイクで落とし切れなかった汚れがたまって発生するくすみの他、紫外線をはじめとする肌への刺激が原因で蓄積されるメラニンによる茶くすみがあります。他にも、糖化によって起こる黄くすみや乾燥くすみなどもあり、くすみの原因はどこにでもひそんでいることを認識しておいたほうがよいでしょう。クレンジングゲルでは、こうしたくすみをケアすることができます。ただし、クレンジングの使い方によってはかえって刺激を与えてしまい、くすみの原因となることもりますから注意してください。

    クレンジングゲルでくすみケアができることから、シミのケアもできるのではないかと勘違いする人もいます。確かに、シミはメラニンの蓄積によって発生する肌トラブルです。しかし、くすみとはイコールではなく、くすみの原因がメラニンではない可能性もあることを考える必要もあります。シミを落としたいという目的で、クレンジングゲルで肌をゴシゴシこすったり使う回数を増やしたりしている人もいるかもしれません。基本的に、クレンジングゲルでケアできるのは、シミではなくくすみだと認識して正しい使い方をするようにしましょう。ソフトなマッサージでたまった汚れを落とすようにすれば、肌には透明感が出てきてくすみ知らずになれる期待があります。

    続きを見る

クレンジングゲルによるクレンジングは一日何回して良い?

  • 2018.02.10

    クレンジングは、回数を多くすればするほど肌がきれいになるとは限りません。たった1回のクレンジングでも肌に与える刺激があり、乾燥や肌トラブルの原因になる恐れがあるのです。ウィークデイには毎日メイクをしている人が、ウィークエンドにメイクを休むとクレンジングでメイク落としをする必要がなくなります。メイク用品でかかる負担とクレンジングでかかる負担をダブルで減らすことができるため、肌がおやすみできて美肌に磨きがかかるのです。このことを考えても、クレンジングがいかに肌に負担をかけるかが想像できるでしょう。

    スキンケアの基本は洗顔にあるといいますから、朝晩の顔の洗浄をキッチリおこないたいという考えの人もいるでしょう。汚れを落とすことは大切ですが、肌を保護している皮脂まで落としてしまうと肌はたちまちトラブルを帯びてきます。外敵から守ってくれる保護バリアがなくなってしまうためです。大事なバリアを取り除きかねないのが、クレンジングなのです。

    クレンジングはやさしく刺激を与えないようにおこなっているから、何回しても大丈夫という考えも持たないようにしましょう。クレンジング剤は、肌に乗せてしばらく置くだけでも汚れを浮き出させることができるほどの力を持っています。何回も肌に乗せるだけで、刺激になってしまうわけです。クレンジングはマッサージをしながらおこなう人がほとんどですが、ソフトにマッサージしなければと気を付けていても、いつの間にか力を入れていたということが少なくありません。そのたびに肌が刺激され、必要な皮脂を洗い流してしまう恐れがあります。クレンジングのしすぎは、肌トラブルの元という公式を頭に入れておくようにしましょう。

    続きを見る

【年代別】おすすめのクレンジングゲルの使い方

  • 2018.02.05

    20代は、前半と後半とで肌の状態が大きく違ってきます。20代前半では、まだ10代のような気持ちでスキンケアをしている人も少なくないでしょう。しかし、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなどは、20歳をピークに減少する一方になるといいます。20代に入ったら、10代のスキンケア方法は卒業して大人のスキンケアをおこなったほうが先々の美肌をキープしやすくなります。

    20代のうちは、自分に似合うメイク方法を模索していたり、様々なメイクアイテムを試してみたりしたい欲求が高い時期です。若い肌は放っておいても元気なように見えますから、クレンジングで落とせばいいと安易に考えがちでもあります。しかし、濃いメイクを素早く落とそうとゴシゴシこすってしまったりすると、取り返しのつかない肌状態になりかねません。クレンジングゲルを選ぶときは、汚れをしっかりと落とせるだけでなく、刺激の少ないタイプを探すことも大切です。

    30代前後になると、何もしなくても美しかった肌がトラブルと一触即発になる人が増えてきます。もともとは健康な肌質だったにもかかわらず、20代から手荒なクレンジングを続けてきたことで敏感肌へと変化してしまうこともよくあります。異変に気づいたら、あきらめずにスキンケア方法を見直せば挽回可能です。特に、クレンジングの方法には注意して洗浄方法や使っているクレンジング剤を変えてみることをおすすめします。

    20代のうちは皮脂分泌が多く、皮脂をしっかり落とせるサッパリタイプのクレンジングゲルを選びたいと思うかもしれませんが、肌に必要な皮脂まで落としてしまうクレンジングゲルはおすすめできません。次第に肌が皮脂不足で乾燥し、それが原因で過剰な皮脂分泌を招いて大人ニキビが発生することもあります。ターンオーバーが乱れて、回復が難しくなってしまうこともありますから、刺激が強過ぎるクレンジングゲルは避けるようにしましょう。

    続きを見る

乾燥しやすい冬こそクレンジングゲルを見直そう!冬におすすめのクレンジングゲルとは?

  • 2018.02.04

    大気の冷たさや乾燥に暖房による乾燥も加わる冬は、肌にとって過酷な季節です。実は、肌のトラブルのほとんどは、乾燥が原因です。肌を外敵から守る役目を果たす表皮のバリア層は、皮脂などのうるおいによってできているからです。

    一年で最も乾燥する季節である冬のスキンケア次第で、先々の肌年齢は大きく変わってきます。特に気を付けたいのは、クレンジングです。クレンジングはつい肌をこすってしまいがちですが、冬の乾燥でダメージを受けている肌にはさらなるダメージの増加となり危険です。優しくメイク落としができるクレンジング剤を選ぶ必要があり、おすすめしたいのはクレンジングゲルです。

    冬の肌は乾燥のためにバリア機能が低下してしまうだけでなく、それでも肌を守ろうとして皮脂が分泌されるために毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなります。寒さで毛穴が閉じているからと油断していると、意外にも毛穴の内側に詰まった汚れが蓄積されてニキビなどの元となりかねません。

    ニキビができないまでも、毛穴に汚れが詰まっているとターンオーバーが不十分になります。シミやそばかすができやすくなり、肌トラブルと縁が切れなくなってしまうでしょう。乾燥でキメが乱れた角質層にすきまが発生し、溝がシワに発展することもあります。冷気から、肌に赤みが出て見た目に恥ずかしいと悩む人もいるでしょう。

    そのような肌問題が山積みの冬には、敏感になっている肌を優しく清潔にしてくれるクレンジングゲルがおすすめなのです。クレンジングゲルのメリットは、刺激を抑えながらクレンジングができる点です。乾燥対策に役立つ、保湿成分などの美容成分が配合されているクレンジングゲルなら、なおのこと冬のスキンケアの効果を発揮してくれるでしょう。

    敏感肌の方はもちろん、冬にだけ赤みが出たりする季節性敏感肌になっている方にも、クレンジングゲルはおすすめです。クレンジングゲルでマッサージすることによって、乾燥によって滞ってしまった血行も改善できます。寒さと乾燥で元気のなくなった肌には、美容成分たっぷりのクレンジングゲルで肌を清潔にしながら活性化しましょう。

    続きを見る

クレンジングゲルでクレンジングをする場合、洗い流すときのお水の温度はどれぐらいがおすすめ?

  • 2018.02.04

    クレンジングをするときには、しっかりとすすぎをすることも大切です。クレンジングゲルが肌に残らないように、十分にすすぎをおこないましょう。その際、すすぎに使う水は一年中ぬるま湯が最適です。

    すすぎに熱いお湯を使ってしまうと、肌に必要な皮脂まで落としてしまいかねません。これが乾燥の原因となってしまうため、熱いお湯は避けることが大切なのです。かといって、冷たい水では汚れがしっかりと落ちてくれません。夏場の水でも、肌の汚れを落とすには温かさが足りません。クレンジングに最適なお湯の温度は、30~32度と覚えておきましょう。

    30~32度のお湯というと、ほとんど温かさを感じられないくらいのぬるま湯です。しかしこのくらいの温度が、肌に必要な皮脂を残しながら、余分な皮脂や汚れは浮き出させることができるのです。適温のぬるま湯が用意できたら、ていねいに顔をすすいで、すみずみまですすぎ残しがないようにしてください。

    仕上げに顔の水気をとるときには、優しい素材のタオルでポンポンと軽くたたくようにしましょう。顔をゴシゴシ拭いてしまうと、それだけで肌がダメージを受ける恐れがあります。それほど肌はデリケートなのだと意識して、クレンジングをすることが重要です。

    クレンジングをする前には、手を洗っておくこともおすすめします。手が汚れたままでは、クレンジングゲルの効果がきちんと発揮されない可能性があります。さらに、雑菌が毛穴から入り込んでしまうかもしれませんから、気を付けてください。ハンドソープなどで手を洗ってから、顔のクレンジングをおこなうようにしましょう。

    クレンジングゲルの使用量は、商品に記載されている推奨量を守るか、少し少なめにしてみるのがおすすめです。少なすぎても汚れが落ちない可能性がありますが、肌が敏感な人はクレンジングゲルの刺激でダメージを受けてしまうことも考えられます。はじめは少量で使ってみて、不足なようであれば足してみるのも一案です。

    Tゾーンを最初にクレンジングし、頬・目・口という順番でクレンジングを進めることもデリケートな肌を守るためには大切なことです。

    続きを見る

毎日のクレンジングにあなたは何を使っていますか?クレンジング化粧品界に彗星のごとく登場したクレンジングゲル。芸能人の愛用者も多くブログなどでもよく取り上げられる今話題のクレンジング化粧品です。メイク落としやあるいはお肌の角質ケアとして、多くの女性の人気を集めるクレンジング用品です。
クレンジングジェルよりも粘り気があり弾力のある質感のクレンジングゲルは、浸透性が高いのが特徴のクレンジング化粧品です。一般的にクレンジング化粧品は洗浄力が高く、必要な油分や水分などのうるおいを洗い落としてしまい乾燥の原因になることもありますが、クレンジングゲルは最適な量の油分や水分を残し、洗い上がりは、吸い付くようなしっとりとしたお肌を実感いただけます。

美容マニアやデパートコスメ店員がこぞっておすすめしているクレンジングゲル。大手化粧品メーカー各社が競ってクレンジングゲルを開発・販売しています。
美容液成分配合のクレンジングゲルやダブル洗顔不要のタイプなどなど。どのクレンジングゲルにも共通しているのはその洗い心地の良さです。クレンジングゲルは浸透性が高いクレンジングで伸びが良く、肌に馴染み、次第に柔らかくなってくるクレンジングゲルで、くまなくメイクをオフできているのが実感できます。
必要な油分や水分を洗い流さないから、乾燥からくるぶつぶつやニキビの予防にもなります。年齢とともに乾燥による小じわやテカリなどが出やすくなりますが、毎日の洗顔をクレンジングゲルに変えるだけでこうした肌トラブルも抑えることができます。
「お肌に優しい」というとクレンジング力が弱いのでは?と心配に思う人もいるかもしれませんが、そうした場合はアイメイクなど濃いメイクだけポイントリムーバーと併用するかホットタイプのクレンジングゲルを使用するといいですよ。

クレンジングゲルの中には、アルコールフリー、そして合成香料や合成着色料を一切使わない天然由来の洗浄成分を配合しているクレンジングゲルもあります。敏感肌でかぶれやすい人はこのようなクレンジングゲルを使うといいですね。

またクレンジングゲルの大きな特徴として、マッサージ効果を紹介します。クレンジングゲルでの洗顔の時にはぜひマッサージを取り入れてください。500円玉くらいの量のクレンジングゲルを手にとり(※使用目安量は商品によります)、指の腹で優しくくるくると顔全体に広げて馴染ませた後、メイクを剥がそうとゴシゴシするのではなく、肌を丁寧に優しくほぐしていくように、丸く肌を撫ででマッサージします。

このサイトの各コラムでは、クレンジングゲルの基本的なことや、クレンジングゲルの使い方・選び方、敏感肌・乾燥肌の人におすすめのクレンジングゲルについてなど、クレンジングゲルについて幅広くご紹介します。クレンジングゲルが気になっている人は記事を読んでクレンジングゲルについての知識を深めましょう!

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら