オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

乾燥肌におすすめのクレンジングゲル |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

乾燥肌におすすめのクレンジングゲル |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

乾燥肌におすすめのクレンジングゲル

2017.01.24

ダブル洗顔不要で肌にやさしいクレンジングゲル

乾燥肌というのは、皮脂の分泌量や角質層の細胞間脂質が減少してしまい、肌が持つ水分量が減っている状態のことをいいます。乾燥肌は、触ると表面がカサついてつっぱったような感じがしますよね。水分量が少ないため潤いがなく、細胞同士が簡単に離れてしまう柔軟性のない状態になっています。肌を潤わせるためには、水分保持力を高めることが必要です。肌の水分保持力は、細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂の3つで構成されています。水分保持力を高めるためには、化粧水や保湿クリームなどを肌に入れることも必要ですが、クレンジングや洗顔で、これらのバリア機能を洗い流してしまわないようにすることも大切なのです。

肌の潤いが低下している乾燥肌の方は、肌の水分を保つためのセラミドや天然保湿因子を落としすぎないものがおすすめ!乾燥肌におすすめのクレンジングゲルは、ダブル洗顔不要の1本でメイクを落とせるものです。クレンジングゲルが、毛穴の中の汚れをやさしく包み込んで、メイクオフしてくれるものを選びましょう。

肌を擦らず摩擦による刺激が少ないクレンジングゲル

乾燥肌に大敵なのが肌のこすりすぎです。肌の摩擦は角質層を傷つけてしまい、肌の水分保持力を低下させてしまいます。クレンジング剤の中には、ふきとりタイプの商品もありますよね。このタイプのものは、水を使わなくてもメイクを落とすことができるため使い勝手が良いのですが、メイクを落とそうとするために、ゴシゴシと力を入れて肌を擦ってしまいがちです。肌の摩擦による刺激で、肌の角質層を傷つけてしまうことになりかねません。

乾燥肌におすすめのクレンジング剤は、肌のバリア機能を低下させないクレンジングゲルです。クレンジングゲルにも様々な商品がありますが、肌に潤いを与えてくれるコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が多いものがおすすめです。また、パラベンやアルコールなどの添加物は、肌に刺激を与えてしまいます。香料や着色料などの添加物が入っていない、植物由来のクレンジングゲルを選ぶことも大切です。

乾燥肌におすすめのクレンジングゲルの使い方

クレンジングをする時に水温を気にしたことはありますか?暑い季節はすっきりしたいから冷たい水で、寒い季節は寒さを凌ぐためアツアツのお湯で洗ってはいないでしょうか。乾燥肌の方は、クレンジングゲルを使う時の水温にも注意が必要です。低すぎる水温で洗ってしまうと、メイクや皮脂の汚れが毛穴に留まってしまいます。逆に水温が高すぎると、肌に必要な油分が失われていきます。クレンジングゲルを使う時は、人肌程度のぬるま湯で洗い、力を入れて擦り過ぎないことが大切です。また、スクラブ剤が入っているクレンジング剤は、必要以上に肌を刺激してしまい、乾燥肌を悪化させてしまう恐れがあるため使わないようにしましょう。

クレンジングゲルを使った後は、すぐにスキンケアをすることが大切です。特に乾燥肌の方は、クレンジング後に肌の水分が急速に失われるため、化粧水や保湿クリームでケアをしましょう。スキンケア用品の中には、化粧水や保湿クリーム、美容液などが一体化しているオールインワンゲルもあるので、スキンケアの時短をしたい方におすすめです。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら