オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

メイク落としでのマサージはクレンジンゲルでもNG |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

メイク落としでのマサージはクレンジンゲルでもNG |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

メイク落としでのマサージはクレンジンゲルでもNG

2017.01.27

メイク落としでのマッサージはクレンジングゲルでもNG! 一日の終わり、メイクを落とす時により肌をキレイにできるだろうと、よかれと思ってメイク落としの際に『マッサージ』をしていませんか? じつはこの行為、逆効果なのです。 今回は、メイク落としでのマッサージが肌によくない理由をお伝えします。

■メイク落としの必要性

化粧品には油分が含まれており、多くのメイク落としには油分と界面活性剤が含まれています。 界面活性剤とは油と水を混ざりやすくする物質です。油分が肌からメイク汚れを浮かせ、界面活性剤がその汚れと水をなじませて、洗い流す仕組みです。 しかし、メイク落としは場合によって肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、肌の乾燥やくすみなど肌トラブルの原因になります。また、メイクは皮膚の新陳代謝を妨げてしまうため、メイクをした日は必ずクレンジングが必要です。さらに、クレンジングの洗い残しがあると肌トラブルに繋がるので、しっかりと洗い流すことが重要です。

■クレンジングゲルの特徴

メイク落としには様々なタイプのクレンジングが使われます。その中でも、使いやすさで人気なのがクレンジングゲル。 クレンジングゲルには「油性」と「水性」があります。 油性のクレンジングゲルは、オイルをゲルにしたもので、濃いメイクもしっかりと落とすことができます。また、指の滑りがよく、摩擦が少ないのが特徴です。 そして、水性のクレンジングゲルには、オイルフリーのものとオイルインのものがあります。 オイルフリーのクレンジングゲルは、界面活性剤が含まれているものが多く、オイルが入っていないためさっぱりとした洗い上がりが特徴です。ただし、ウォータープルーフのマスカラなど濃いメイクはしっかりと落とすことが難しいので注意しましょう。 オイルインのクレンジングゲルは、オイルや界面活性剤が含まれています。低刺激でありながら、しっかりしたメイクも落とせるのが魅力です。また

しっかりメイクを落として美肌を手に入れるため、メイク落とし中にマッサージをしている人もいるのではないでしょうか? クレンジングゲルは刺激が少ないのが特徴ですが、メイク落とし中のクレンジングゲルはファンデーションやアイメイクなどの汚れがたくさん混ざっている状態です。そのクレンジングゲルでマッサージをすることは、その汚れを顔に塗り込んでいることになってしまいます。つまり、毛穴に汚れが入ってしまい、毛穴の黒ずみや色素沈着の原因になってしまいます。 メイクを落とした後やメイクをしていない日に、クレンジングゲルを使用してマッサージすることもおすすめできません。なぜなら、クレンジングゲルはメイクを落とすために作られているものなので、刺激は少ないですが洗浄力があります。 ゲルは肌の滑りがいいので、ついついメイク落としをしながらマッサージをしてしまいますが、クレンジングゲルも長時間擦らず、さっと洗い流すことが大切なのです。

■まとめ

ご紹介した通り、クレンジングゲルは化粧を落とすことを目的に作られているため、マッサージクリームとして使用するのは肌にとって逆効果です。 また、メイクを落としながらのマッサージは、汚れを落としているのに返って汚れが毛穴に入り込んでしまいます。 お肌のためにマッサージをする場合は、メイクをしっかりと落とした後に、洗浄力のないマッサージ用のクリームを使用するのがおすすめです。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら