オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

痛い!クレンジングゲルが目に入った時の対処法 |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

痛い!クレンジングゲルが目に入った時の対処法 |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

痛い!クレンジングゲルが目に入った時の対処法

2017.01.27

クレンジングでメイクを落としていて、うっかり目の中に入ってしまった!痛くて大変だった!という経験、皆さん一度はあるのでは?洗ってもなかなか痛みが取れなかったり、しばらく視界がぼやけてしまうと不安になりますよね。いざという時に慌てないように、クレンジングゲルが目に入ってしまった時の対処法をご紹介します。

■入ってしまった時はどうすればよいの?

クレンジングが目に入ってしまった際には、すぐに目をしっかりと洗うことが最重要です。痛すぎて目が開けられない場合は、片手の親指と人差し指を使って手動で目を開けて、もう片方の手で水をすくって目に流し込むか、シャワーの場合は痛くない程度の水圧にした上で目の中に水を流し込んでください。 ポイントは眼球だけでなく、まぶたもしっかり洗い流すこと。まぶたにクレンジングが残っていると、それがまた眼球を刺激して痛くなってしまったり、そのまま寝ると目が腫れてしまうこともあります。 コンタクトレンズをしている場合、外せるのであればすぐに外しましょう。ただ、目が痛くて開けられないという場合、無理に外そうとせず、痛みがなくなるまでまずは洗い流し、落ち着いたら外し、今度は眼球を直接洗い流しましょう。 まれに、製品に洗い流す時間が記載されていることもありますので、記載されている時間に従ってしっかりと丁寧に洗い流してください。痛みを感じる場合はまだクレンジングが目の中に残っている証拠。痛みがなくなるまでを目安に、慌てずしっかりと洗い流してください。 痛みや違和感が和らいできたら、極力目を触らないようにしましょう。寝ている間にこすってしまうのもNGです。無意識に触ってしまうのを避けるために、眼帯を利用することもおすすめです。眼帯がないという方は、コットンをマスキングテープなどで固定するなど代用してくださいね。

■痛みや充血が続く時はどうすればよい?

痛みが一向に引く気配がない時や、目が充血して熱を持ったまま治らない時は、炎症を起こしてしまっているかもしれません。すぐに眼科を受診しましょう。夜で眼科が開いていない場合は、応急処置だけして翌朝すぐに眼科を受診することをおすすめします。 もうよくなったかな?と思っても、眼球が損傷を受けている可能性もあります。痛み、かすみ、異物感が少しでも残る場合は、念のため眼科を受診しましょう。受診の際は、目に入ってしまったクレンジングを持参することがおすすめです。原因と症状を正しく伝えて、適切な診察と処方を受けることができます。 大切な目を守り症状を悪化させないためにも、眼科で症状を診てもらい正しくケアすることは必要です。症状に合わせて眼球の集中洗浄や目薬の処方、ひどい場合は炎症を抑える化膿止めの塗り薬など処方してもらえますよ。

■もう痛い思いはしたくない!入らないようにするためには?

まず、目の周りでクレンジングゲルをくるくるなじませるやり方はご法度です。目元のメイクを落とす際には、コットンに含ませてからアイメイクになじませるのが基本。お風呂に入ると汗で目にクレンジングゲルが入りやすくなるため、できればお風呂に入る前に、鏡をみながらコットンで丁寧になじませていくのをおすすめします。 コットンに十分クレンジングゲルをなじませてから、まぶたやアイメイクに優しくなでるようにしてくださいね。目の脇など細かいところはコットンで無理にこすらず、綿棒などを使って丁寧に行いましょう。 ポイントはとにかく力を入れないこと。目をぎゅっと力を入れてつぶらない、コットンをぎゅっとまぶたやまつげに押し付けないように気をつけましょう。力を入れてしまうとクレンジングゲルが目の中に入りやすくなってしまいます。 また、クレンジングを使うたびに目にしみたり充血したり痛みが出る場合は、アレルギーを起こしている場合もあります。一度眼科や皮膚科に相談してみるとよいでしょう。 関連コラム:

クレンジングゲルが目に入らないように、コットンや綿棒でやさしくアイメイクを落とす習慣をつけるように心がけてみましょう。でも万が一入ってしまった時は慌てずに、眼球とまぶたをしっかりと丁寧に洗い流し、触らないように目を休ませてあげてください。少しでも違和感が続くようなら必ず眼科を受診してください。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら