オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

クレンジングと洗顔のお肌への負担を考えよう |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

クレンジングと洗顔のお肌への負担を考えよう |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

クレンジングと洗顔のお肌への負担を考えよう

2017.03.27

昨日までなんともなかった化粧水が急に「肌に合わない」と感じるほど女性の肌はとってもデリケートです。そんなデリケートな敏感肌の方には、クレンジングを替えることで悩みが改善される可能性があります。

敏感肌の原因を追究

敏感肌とは、「外からの刺激に対して弱い肌」のことを指します。外からの刺激とは紫外線、黄砂、花粉そして化粧品です。他の方が問題なく使用できる化粧水でも、敏感肌の方が使うとヒリヒリしてしまうことも多々あります。
では、敏感肌とそうではない肌との違いは何かというと、「お肌のバリア機能」です。通常、肌にはバリア機能に必要な細胞間脂質という保湿成分が多くあるのですが、敏感肌は、その保湿成分が少ないためバリア機能が低下しています。水分が蒸発しやすく外からの刺激も受けやすい肌です。
敏感肌になってしまう原因として、間違ったスキンケア、食生活やストレスなどの生活習慣、生理前後や妊娠によるホルモンバランスの変化、花粉症やアトピーなどのアレルギー体質などがあります。

敏感肌のためのクレンジングとは

様々な原因による敏感肌ですが、正しいスキンケアを行うことで改善できます。なかでもバリア機能まで落としてしまう可能性のあるクレンジングに注目してみましょう。
敏感肌の方は、肌に負担の少ない美容成分が豊富なクレンジングゲルが低刺激で良いとされています。クレンジングゲルにもオイルフリーの水性ゲル、数パーセントのオイルが含まれている水性ゲル、そして油性ゲルの3種類があります。マツエクをしている方は接着剤まで落としてしまわないようオイルフリーの水性ゲル、ナチュラルメイクの方はオイルインの水性ゲル、しっかりメイクの方は油性ゲルと、ご自分のメイクの濃さで選んでください。見分け方として、成分表の最初に書かれている主成分に、「水」や「硫酸ナトリウム」と界面活性剤があれば水性ゲル、オイル名があれば油性ゲルです。実際に水を加え白く乳化する現象があればオイルインのクレンジングゲルでしょう。
クレンジングゲルの中には、洗顔フォームのように泡で包み込むように洗うタイプのものがあります。ヒアルロンなどの保湿成分が豊富で、普通の泡洗顔では得られない保湿効果があり美肌洗顔として使用できます。もちろんダブル洗顔は不要なので敏感肌の方には低刺激で潤い肌になれます。

低刺激なクレンジングゲルで美肌を手に入れる方法

クレンジングゲルに含まれている美容液成分に注目してみましょう。ヒアルロン酸、ローヤルゼリー、スクワラン、セラミド、コラーゲンなどどれも保湿をうながす成分です。多いものでは99%が美容液成分のクレンジングゲルがあります。もはや美容成分でクレンジングしていると言っても過言ではない数値です。洗顔後の基礎化粧品の浸透を高める導入美容液成分も含まれているため、基礎化粧品が浸透しやすい肌を作ってくれます。
クレンジングゲルにより、メイクだけでなく毛穴の汚れや古い角質を洗い流すため、摩擦と乾燥を引き起こしかねないダブル洗顔が必要ありません。洗顔後の水分や潤いが不足しがちな敏感肌の方には、お肌に負担をかけないダブル洗顔が不要で、低刺激なクレンジングゲルで美肌を手に入れることができます。保湿成分が豊富なので、洗い上がりのつっぱり感がありません。

まとめ

敏感肌の方は、すぐにクレンジングと洗顔の方法を見直してみてください。保湿成分をはじめとする美容液成分が豊富なクレンジングゲルを使うことで、ダブル洗顔の必要なく「美肌洗顔」が可能です。敏感肌の方は、新しいクレンジング剤に挑戦することに躊躇してしまう方も多いと思いますが、肌のバリア機能を守る低刺激なクレンジングゲルはおすすめです。 関連コラム:洗顔 メイクオフのお肌への影響

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら