オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

【年代別】おすすめのクレンジングゲルの使い方 |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

【年代別】おすすめのクレンジングゲルの使い方 |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

【年代別】おすすめのクレンジングゲルの使い方

2018.02.05

メイク落としをするときには、クレンジングゲルが肌への負担を軽減できて便利です。より効果的に使用するには、年代別に合わせることが大切です。ここでは、おすすめのクレンジングゲルの使い方について、年代別に紹介します。

20代・30代

20代は、前半と後半とで肌の状態が大きく違ってきます。20代前半では、まだ10代のような気持ちでスキンケアをしている人も少なくないでしょう。しかし、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなどは、20歳をピークに減少する一方になるといいます。20代に入ったら、10代のスキンケア方法は卒業して大人のスキンケアをおこなったほうが先々の美肌をキープしやすくなります。

20代のうちは、自分に似合うメイク方法を模索していたり、様々なメイクアイテムを試してみたりしたい欲求が高い時期です。若い肌は放っておいても元気なように見えますから、クレンジングで落とせばいいと安易に考えがちでもあります。しかし、濃いメイクを素早く落とそうとゴシゴシこすってしまったりすると、取り返しのつかない肌状態になりかねません。クレンジングゲルを選ぶときは、汚れをしっかりと落とせるだけでなく、刺激の少ないタイプを探すことも大切です。

30代前後になると、何もしなくても美しかった肌がトラブルと一触即発になる人が増えてきます。もともとは健康な肌質だったにもかかわらず、20代から手荒なクレンジングを続けてきたことで敏感肌へと変化してしまうこともよくあります。異変に気づいたら、あきらめずにスキンケア方法を見直せば挽回可能です。特に、クレンジングの方法には注意して洗浄方法や使っているクレンジング剤を変えてみることをおすすめします。

20代のうちは皮脂分泌が多く、皮脂をしっかり落とせるサッパリタイプのクレンジングゲルを選びたいと思うかもしれませんが、肌に必要な皮脂まで落としてしまうクレンジングゲルはおすすめできません。次第に肌が皮脂不足で乾燥し、それが原因で過剰な皮脂分泌を招いて大人ニキビが発生することもあります。ターンオーバーが乱れて、回復が難しくなってしまうこともありますから、刺激が強過ぎるクレンジングゲルは避けるようにしましょう。

40代・50代

40代に入ると、早くも更年期の兆候が出てくる人もいます。40代半ばにもなれば多くの人が更年期を迎えてホルモンバランスの乱れの影響を受けます。このときも、急激な肌トラブルに悩んでクレンジングを激しくおこなってしまわないように気を付けましょう。40代・50代の肌は敏感になっていますから、限りなく刺激を減らす工夫をすることが大切です。

低刺激な成分配合でのびのよいクレンジングゲルを選ぶことはもちろん、クレンジングするときの力加減にも慎重になりましょう。バスタイムにクレンジングをしている方は、シャンプーやボディ洗浄をすべて終えてから顔のクレンジングを落とすことをおすすめします。シャンプーなどの成分や頭皮の汚れが顔に付着しても、クレンジングで落とせるためです。顔のクレンジングを最初におこなってしまうと、お風呂から出るまでの間はずっと肌を乾燥にさらしてしまうリスクもあります。クレンジングを終えたら3分以内に保湿をするのが望ましいため、バスタイムの最後にクレンジングをするのが理想なのです。

40代・50代にもなると、生活が安定して高級な化粧品に魅力を感じるようになります。肌状態が求めている気もしてきて、あれこれと化粧品を試してみたくもなるでしょう。しかし、洗顔後につけるアイテムを増やせば増やすほど、肌への負担も増加します。その点、オールインワンゲルは1つのアイテムで洗顔後のケアを完了できるのがメリットです。クレンジングゲルにもエイジングケア用のタイプが出るようになりましたから、検討してみてください。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら