オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

アトピー肌の人は気を付けたいクレンジングゲルの選び方 |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

アトピー肌の人は気を付けたいクレンジングゲルの選び方 |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

アトピー肌の人は気を付けたいクレンジングゲルの選び方

2018.03.23

アトピー肌の方は、化粧品の成分などから刺激を受けないようにスキンケア用品選びに慎重になっているでしょう。クレンジングゲルも、便利で肌への摩擦刺激を軽減できることから注目されています。
ここでは、アトピー肌の人でも使えるクレンジングゲルの成分やメリットについてお話しましょう。

アトピー肌の人でも使えるクレンジングゲルの成分

アトピー肌の人にとっては、クレンジング剤を選ぶにも迷いが多いでしょう。刺激があるかもしれない、他の人は使えても自分の肌には合わないかもしれないと、何かと不安に陥りがちです。アトピー肌の人にも安全・安心といわれる成分でも、本当に良いかどうかには個人差があります。そこで、まずはアトピー肌の人が避けておきたい刺激成分について知っておきましょう。

代表的な刺激成分には、グレコールやエタノールなどのアルコール類があります。肌がヒリヒリとする原因の多くはアルコール類で、皮膚や粘膜に刺激が生じるのです。グレコールやエタノール以外にも、アルコール成分には種類があります。気になったクレンジングゲルの配合成分を見ても、どの成分がアルコールなのかがわかりにくいかもしれません。そのようなときは、アルコールが不使用と明記されているクレンジングゲルを選べば安心です。

美白成分にも、注意が必要です。例えば、強力な美白効果を持つハイドロキノンには、メラニンの発生を抑えてシミを防ぐ効果が期待できます。その一方で、敏感な肌質にはトラブルにつながりかねないほどの強い刺激もあるのです。炎症を起こしたり、健康な肌の人でも白斑が起きたりしてしまうなどのトラブルも発生しています。配合成分の量が少なければ比較的安全なのでは、と思う方もいるかもしれません。
一般的に、化粧品の成分表示は配合量の多い順番で並んでいます。ところが、医薬部外品の場合は有効成分とその他の成分に分かれて記載されており、配合量順ではない点に混乱させられます。厚生労働省に特定の効果表示が認められている医薬部外品ですが、それだけ刺激が強い可能性もありますから気を付けておきましょう。

アトピー肌の人は、肌のバリア機能が著しく低下しています。そのため、ピーリング成分が配合されたクレンジングゲルも強い刺激になってしまいます。皮をむくという意味を持つピーリングは、文字通り人の角質層を人工的にはがしてしまう成分です。

クレンジングゲル自体が刺激も少なく汚れも落としやすい

肌に負担をかけにくい成分配合のクレンジングゲルを選んだら、後は過剰な刺激を与えないようにクレンジングをすればOKです。クレンジングゲルのメリットには、肌に刺激を与えにくいテクスチャーだということもあります。
つまり、肌なじみが良く、肌をなめらかにすべらせることができるため、余計な摩擦をせずに済むのです。クレンジングは、メイクをしっかり落とそうとしてついつい肌を強くこすってしまいがちです。クレンジングゲルを十分な量で使えば、力を入れずに無理なくメイクを落とすことができます。優しくマッサージしながらメイク汚れを浮き上がらせ、マイルドに素肌に戻すことができるわけです。

クレンジングゲルでメイク落としをするときには、たっぷりゲルを手に取って肌になじませましょう。少ない量でクレンジングしようとすると、どうしても力を込めてしまいそうになります。また、最初に濃いめのポイントメイクを落とした後にファンデーションを落とすようにすると、力加減を意識しやすくなります。もちろん、ポイントメイクを落とすときにも過剰な力を入れるのは避ける必要があります。ポイントメイクもきれいに落とせるクレンジングゲルを選べば、一石二鳥です。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら