オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

メイクがしっかり落ちてない?クレンジングゲル洗顔は「乳化」がポイント! |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

メイクがしっかり落ちてない?クレンジングゲル洗顔は「乳化」がポイント! |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

メイクがしっかり落ちてない?クレンジングゲル洗顔は「乳化」がポイント!

2018.04.21

クレンジングゲルを使っても、きちんとメイクが落ちていないと感じることはありませんか?クレンジングゲルを使ってメイク落としをする時は、きちんと「乳化」させるかどうかで大きな差が出てしまいます。今回はクレンジングにおいての「乳化」について説明します。

クレンジングにおいての「乳化」とは?

クレンジングにおいて、「乳化」と呼ばれる言葉があります。この言葉は、クレンジングオイルが水に触れて白く濁ることを指すものです。オイルは油ですから、普通は水と混ざり合いません。そこで乳化させることでオイルと水が混ざり合い、メイクや皮脂汚れをしっかり落としてくれるのです。 ●乳化させることで得られる効果 クレンジングオイルを乳化させることで、メイクや皮脂汚れがしっかり落とせるようになります。もし、乳化せずに水で洗い流そうとしても、オイルが毛穴や肌に残ってしまうでしょう。このオイルが原因で毛穴の詰まりや黒ずみになり、結果として肌トラブルを招きかねません。 しっかりメイクを落としたのに、肌荒れやニキビなどに悩まされているという人は、もしかしたら、メイクを包んだオイルが肌や毛穴に残っている可能性が考えられます。水と混ぜて乳化させた後にクレンジングを行うことができれば、オイルが毛穴や肌に残ることもありません。乳化させることで得られる効果は、しっかりと汚れを落とせるだけではなく、肌トラブルの予防効果も得られると言えるでしょう。乳化によって得られる効果は大きいので、今まで意識したことがない人は実践してみてください。 ●界面活性剤と乳化の関係 クレンジングゲルを使うにあたって、界面活性剤が使われていないものを探す人もいるでしょう。実際に界面活性剤は多く含まれていると肌にダメージを与えやすいものともいえます。しかし、界面活性剤のすべてが肌に悪いのかと聞かれれば、そうではありません。実は、クレンジングにおける「乳化」は界面活性剤が含まれていないと出来ません。本来、クレンジングゲルなどに界面活性剤が使われているのは、乳化をさせてメイクをすっきり落とさせるためなのです。界面活性剤は刺激の強いものや弱いものまでさまざまです。 肌への影響を考えるのなら、天然由来の界面活性剤を使ったものを選びましょう。出来る限り避けたいのは「合成界面活性剤」や「石油系界面活性剤」が使われているものです。これらは肌への刺激が強い界面活性剤とされており、強力ではあるのですが肌へのダメージも大きいため、注意が必要でしょう。その点、天然由来のものであれば、肌への刺激も少ないため、乳化の効果も得られて肌への負担も少ないというメリットの多い界面活性剤になります。効果は大きく、負担は最低限を心がけてクレンジングゲルを選んでみてはいかがでしょうか。

「乳化」ができていないとどうなる?

乳化が出来ていないクレンジングの場合、メイクや汚れの成分を含んだオイルが毛穴や肌に残って余計な肌トラブルを招いてしまいます。そのため、乳化をさせることで肌に負担をかけずにメイク落としが出来ると言えるでしょう。また、乳化をさせないとゴシゴシと擦って落とさないといけなくなったり、オイル特有のべたつきがいつまでも肌にのこっていたりと手間がかかることが多くなってしまいます。最初に水と混ぜて乳化させる手間を加えるだけで、その後の面倒な手間を省けるので、クレンジングゲルを使う時は、乳化させてメイク落としをするよう心がけましょう。 メイクを綺麗に落とすために乳化は不可欠と言っても過言ではありません。メイクを落とす際に肌への負担が大きすぎるという点や、しっかりメイクが落ちないということなどに悩まされている人は乳化をさせていない人や、もしくはしっかりと乳化が出来ていない人かもしれません。きちんと乳化をさせて、しっかりとメイクや皮脂汚れを落とすようにしてみましょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら