オールインワンゲルのおすすめランキング化粧品比較の匠

コラム一覧 02 |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

コラム一覧 02 |
口コミ情報掲載!クレンジングゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

クレンジングゲルの気になるあらゆる情報をコラムにしてまとめました。クレンジング化粧品としてその存在が大きくなってきたクレンジングゲル。興味はあるけど他のタイプのクレンジングを使っている人も、どんなクレンジングゲルを購入しようか迷っている人も、ぜひ参考にしてください!

クレンジングゲルによるクレンジングは一日何回して良い?

  • 2018.02.10

    クレンジングは、回数を多くすればするほど肌がきれいになるとは限りません。たった1回のクレンジングでも肌に与える刺激があり、乾燥や肌トラブルの原因になる恐れがあるのです。ウィークデイには毎日メイクをしている人が、ウィークエンドにメイクを休むとクレンジングでメイク落としをする必要がなくなります。メイク用品でかかる負担とクレンジングでかかる負担をダブルで減らすことができるため、肌がおやすみできて美肌に磨きがかかるのです。このことを考えても、クレンジングがいかに肌に負担をかけるかが想像できるでしょう。

    スキンケアの基本は洗顔にあるといいますから、朝晩の顔の洗浄をキッチリおこないたいという考えの人もいるでしょう。汚れを落とすことは大切ですが、肌を保護している皮脂まで落としてしまうと肌はたちまちトラブルを帯びてきます。外敵から守ってくれる保護バリアがなくなってしまうためです。大事なバリアを取り除きかねないのが、クレンジングなのです。

    クレンジングはやさしく刺激を与えないようにおこなっているから、何回しても大丈夫という考えも持たないようにしましょう。クレンジング剤は、肌に乗せてしばらく置くだけでも汚れを浮き出させることができるほどの力を持っています。何回も肌に乗せるだけで、刺激になってしまうわけです。クレンジングはマッサージをしながらおこなう人がほとんどですが、ソフトにマッサージしなければと気を付けていても、いつの間にか力を入れていたということが少なくありません。そのたびに肌が刺激され、必要な皮脂を洗い流してしまう恐れがあります。クレンジングのしすぎは、肌トラブルの元という公式を頭に入れておくようにしましょう。

    続きを見る

【年代別】おすすめのクレンジングゲルの使い方

  • 2018.02.05

    20代は、前半と後半とで肌の状態が大きく違ってきます。20代前半では、まだ10代のような気持ちでスキンケアをしている人も少なくないでしょう。しかし、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなどは、20歳をピークに減少する一方になるといいます。20代に入ったら、10代のスキンケア方法は卒業して大人のスキンケアをおこなったほうが先々の美肌をキープしやすくなります。

    20代のうちは、自分に似合うメイク方法を模索していたり、様々なメイクアイテムを試してみたりしたい欲求が高い時期です。若い肌は放っておいても元気なように見えますから、クレンジングで落とせばいいと安易に考えがちでもあります。しかし、濃いメイクを素早く落とそうとゴシゴシこすってしまったりすると、取り返しのつかない肌状態になりかねません。クレンジングゲルを選ぶときは、汚れをしっかりと落とせるだけでなく、刺激の少ないタイプを探すことも大切です。

    30代前後になると、何もしなくても美しかった肌がトラブルと一触即発になる人が増えてきます。もともとは健康な肌質だったにもかかわらず、20代から手荒なクレンジングを続けてきたことで敏感肌へと変化してしまうこともよくあります。異変に気づいたら、あきらめずにスキンケア方法を見直せば挽回可能です。特に、クレンジングの方法には注意して洗浄方法や使っているクレンジング剤を変えてみることをおすすめします。

    20代のうちは皮脂分泌が多く、皮脂をしっかり落とせるサッパリタイプのクレンジングゲルを選びたいと思うかもしれませんが、肌に必要な皮脂まで落としてしまうクレンジングゲルはおすすめできません。次第に肌が皮脂不足で乾燥し、それが原因で過剰な皮脂分泌を招いて大人ニキビが発生することもあります。ターンオーバーが乱れて、回復が難しくなってしまうこともありますから、刺激が強過ぎるクレンジングゲルは避けるようにしましょう。

    続きを見る

乾燥しやすい冬こそクレンジングゲルを見直そう!冬におすすめのクレンジングゲルとは?

  • 2018.02.04

    大気の冷たさや乾燥に暖房による乾燥も加わる冬は、肌にとって過酷な季節です。実は、肌のトラブルのほとんどは、乾燥が原因です。肌を外敵から守る役目を果たす表皮のバリア層は、皮脂などのうるおいによってできているからです。

    一年で最も乾燥する季節である冬のスキンケア次第で、先々の肌年齢は大きく変わってきます。特に気を付けたいのは、クレンジングです。クレンジングはつい肌をこすってしまいがちですが、冬の乾燥でダメージを受けている肌にはさらなるダメージの増加となり危険です。優しくメイク落としができるクレンジング剤を選ぶ必要があり、おすすめしたいのはクレンジングゲルです。

    冬の肌は乾燥のためにバリア機能が低下してしまうだけでなく、それでも肌を守ろうとして皮脂が分泌されるために毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなります。寒さで毛穴が閉じているからと油断していると、意外にも毛穴の内側に詰まった汚れが蓄積されてニキビなどの元となりかねません。

    ニキビができないまでも、毛穴に汚れが詰まっているとターンオーバーが不十分になります。シミやそばかすができやすくなり、肌トラブルと縁が切れなくなってしまうでしょう。乾燥でキメが乱れた角質層にすきまが発生し、溝がシワに発展することもあります。冷気から、肌に赤みが出て見た目に恥ずかしいと悩む人もいるでしょう。

    そのような肌問題が山積みの冬には、敏感になっている肌を優しく清潔にしてくれるクレンジングゲルがおすすめなのです。クレンジングゲルのメリットは、刺激を抑えながらクレンジングができる点です。乾燥対策に役立つ、保湿成分などの美容成分が配合されているクレンジングゲルなら、なおのこと冬のスキンケアの効果を発揮してくれるでしょう。

    敏感肌の方はもちろん、冬にだけ赤みが出たりする季節性敏感肌になっている方にも、クレンジングゲルはおすすめです。クレンジングゲルでマッサージすることによって、乾燥によって滞ってしまった血行も改善できます。寒さと乾燥で元気のなくなった肌には、美容成分たっぷりのクレンジングゲルで肌を清潔にしながら活性化しましょう。

    続きを見る

クレンジングゲルでクレンジングをする場合、洗い流すときのお水の温度はどれぐらいがおすすめ?

  • 2018.02.04

    クレンジングをするときには、しっかりとすすぎをすることも大切です。クレンジングゲルが肌に残らないように、十分にすすぎをおこないましょう。その際、すすぎに使う水は一年中ぬるま湯が最適です。

    すすぎに熱いお湯を使ってしまうと、肌に必要な皮脂まで落としてしまいかねません。これが乾燥の原因となってしまうため、熱いお湯は避けることが大切なのです。かといって、冷たい水では汚れがしっかりと落ちてくれません。夏場の水でも、肌の汚れを落とすには温かさが足りません。クレンジングに最適なお湯の温度は、30~32度と覚えておきましょう。

    30~32度のお湯というと、ほとんど温かさを感じられないくらいのぬるま湯です。しかしこのくらいの温度が、肌に必要な皮脂を残しながら、余分な皮脂や汚れは浮き出させることができるのです。適温のぬるま湯が用意できたら、ていねいに顔をすすいで、すみずみまですすぎ残しがないようにしてください。

    仕上げに顔の水気をとるときには、優しい素材のタオルでポンポンと軽くたたくようにしましょう。顔をゴシゴシ拭いてしまうと、それだけで肌がダメージを受ける恐れがあります。それほど肌はデリケートなのだと意識して、クレンジングをすることが重要です。

    クレンジングをする前には、手を洗っておくこともおすすめします。手が汚れたままでは、クレンジングゲルの効果がきちんと発揮されない可能性があります。さらに、雑菌が毛穴から入り込んでしまうかもしれませんから、気を付けてください。ハンドソープなどで手を洗ってから、顔のクレンジングをおこなうようにしましょう。

    クレンジングゲルの使用量は、商品に記載されている推奨量を守るか、少し少なめにしてみるのがおすすめです。少なすぎても汚れが落ちない可能性がありますが、肌が敏感な人はクレンジングゲルの刺激でダメージを受けてしまうことも考えられます。はじめは少量で使ってみて、不足なようであれば足してみるのも一案です。

    Tゾーンを最初にクレンジングし、頬・目・口という順番でクレンジングを進めることもデリケートな肌を守るためには大切なことです。

    続きを見る

老け顔の原因は”毛穴”にあった毛穴の汚れを優しく落とすクレンジングゲルでアンチエイジングケア

  • 2018.02.04

    最近、頬のたるみが気になってきたという場合、毛穴の開きが原因になっていることがあります。開いた毛穴は、縦方向の楕円形に広がります。頬の筋肉が老化によって下がることも、毛穴を下に開かせてしまう原因となります。こうして毛穴が広がっていくことで、老け顔へと進む恐れがあるのです。

    本来、皮膚の細胞は28日前後の周期でターンオーバーをしています。古い細胞と新しい細胞が入れ替わることによって、肌は健康で美しい状態をキープしているのです。ところが加齢と共にターンオーバーが乱れてくると、肌細胞が正常に作られにくくなってきます。すると肌全体の力が衰えて、たるみが生じてきます。肌のハリやつやなどを保つコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなども著しく減少してくるため、肌の水分量が失われて余計にたるみができやすくなるのです。

    頬の毛穴が開いてくると、鼻の脇から頬にかけて小じわが発生しやすくなる問題も出てきます。さらに乾燥が進み、帯状毛穴になってしまう恐れもありますから気を付けましょう。たるみ毛穴はほうれい線の上にできやすく、ほうれい線といえば老け顔の象徴です。たるみ毛穴の予防や改善は、老け顔対策にも役立ちます。

    続きを見る

「天然由来」のクレンジングゲルは”何”がお肌に良いの?天然由来のクレンジングゲルを徹底解明!

  • 2017.12.28

    近年、コスメの成分として急増しているのが、天然由来の成分です。かつて、植物は民間治療薬としても用いられてきました。天然の植物に含まれる成分に着目したコスメは、その成分のパワーに加えて安全性の高さという特徴も得たのです。

    では、天然由来の天然とはどのような意味を指すのでしょうか。天然由来というのは、厳密にいえば人の手を加えていない自然界の生物のことです。細かくいえば、同じ植物であっても、野生と人工栽培では違うことになります。野生の植物が天然ということになりますが、コスメにおける天然由来とはそこまでの厳密性を込めていないことが多いのです。

    例えば、天然由来の成分が配合されたクレンジングゲルといえば、動物由来のプラセンタが配合されていることもあれば、植物から抽出された保湿成分が配合されていることもあります。天然成分配合のコスメは自然派コスメとも呼ばれ、一般に安全性が高く安心して使えると認識されています。

    ただし、肌に安心して使える成分かどうかは、天然だから必ず大丈夫とは言い切れません。人の肌は千差万別ですから、肌の相性は個別に確かめる必要があります。天然の植物にも刺激の強い種類があるため、デリケートは肌質の方はパッチテストを行ってから使用することをおすすめします。

    続きを見る

クレンジングゲルはなぜトロトロでねばねばなの?お肌の事を一番に考えたクレンジングゲルの成分

  • 2017.12.21

    オイルクレンジングがおすすめできない理由のひとつに、続けて使うことによって肌が乾燥してくることがあげられます。油分そのもののオイルクレンジングが、なぜ肌を乾燥させてしまうのかと疑問を持つ方もいるでしょう。
    オイルクレンジングが肌乾燥を招きやすい理由は、いくつかあります。ひとつは、石油系の合成界面活性剤が用いられている場合です。石油系の合成界面活性剤には、肌に必要な皮脂をも溶かしてしまうほどの驚異的な洗浄力があります。要するに、肌への刺激が強すぎるのです。油分にもよりますが、少なくとも天然系のオイルクレンジングは避けておいたほうが賢明です。

    もうひとつの理由は、オイルは滑りがよすぎることです。クレンジング剤は、肌にスムーズに伸びてくれるほうが力を入れずに汚れを落とせます。ところが、肌表面をつるつると滑ってしまうと、調子よくマッサージなどもしてしまいそうです。顔のマッサージも、肌への刺激となります。また、長い時間オイルを肌に乗せておくことで、皮脂が溶け出して肌が乾いてきてしまうこともあるので要注意です。

    続きを見る

簡単に落ちてはくれない濃い色の口紅…クレンジングゲルを使った正しい”口紅”の落とし方とは?

  • 2017.12.14

    口紅には、他のメイクアイテムよりも濃い色素が配合されています。色素成分にもさまざまな種類がありますが、例えばカキ氷のシロップやブルーベリーを食べた後に口まわりに色が残ってしまうことを思うと色素の威力が想像できるでしょう。そんな濃い色素を落とすためには、他の肌部分とは異なるクレンジング剤を用いるのが効果的です。

    例えば、口紅専用のクレンジングクリームを使うのも1つの方法です。口紅が荒れると見た目年齢が3歳は老けるといいますから、ポイントメイクごとにクレンジング剤を変えてみるのも肌を守るためには効果的といえます。

    顔全体のメイクを落とすだけでも面倒なのに、口紅専用のクレンジングなんてやってられないという意見もあるでしょう。そのようなときに便利なのが、クレンジングゲルです。ポイントメイクにも利用できるクレンジングゲルを使用すれば、口紅もアイメイクも一気に落とせます。

    口紅に限らず、メイク落としで肝心なのはゴシゴシとこすらないことです。頬などでもついつい指で強くこすってしまうことがありますが、口紅がついている唇にはもっと無神経に摩擦を与えてしまいがちです。唇も皮膚の一部で、摩擦によってダメージがおよびます。続けていると、潤いが徹底的に失われて、リップクリームを塗っても保湿できないような唇になってしまいます。ゴシゴシこすらずに口紅を落とすには、タッチがやさしいクレンジングゲルがおすすめです。

    続きを見る

洗顔後に顔が赤くなる…原因はクレンジングかも?そんな人にはクレンジングゲルがおすすめ!

  • 2017.12.07

    20代半ば頃まではまだまだ若々しい肌に自然に自信を持てる人がほとんどですが、30代を迎える頃になると以前とは肌の状態が違ってきているという異変に気付き始めます。肌は、放っておくとどんどん弱くなっていく一方なのです。

    肌が弱くなってくる原因のひとつは加齢ですが、これは誰にも止めることができません。そのため、加齢以外の原因を何とかするのが、健康で美しい肌を維持する秘訣です。加齢以外に肌を弱くする原因としては、生活習慣や食習慣、紫外線などの外敵によるダメージ、乾燥、ストレス、スキンケアがあげられます。

    スキンケアがあがったのに意外性を感じるかもしれませんが、実はスキンケアは肌トラブルのリスクが大きいのです。もちろん、スキンケアをしないのも肌トラブルの元となります。ただし、スキンケアの方法や使用するコスメによっては、スキンケアが原因の肌トラブルを起こしてしまう可能性が高いことは覚えておきましょう。

    ただでさえ、加齢や外的刺激によってダメージを受けやすくなっている肌に、間違ったスキンケアをしてしまうのは肌を虐待するようなものです。スキンケアは正しく行ってこそ効果があるものと認識して、正しいスキンケア方法を行うようにしましょう。

    続きを見る

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら